第61回日本消化器がん検診学会総会 The 61st Annual Meeting The Japan Society of Gastrointestinal Cancer Screen

附置研究会

大腸がん検診精度管理検討研究会

大腸内視鏡検診医に求められる資質
司会 鈴木 康元(松島クリニック)
   只野 敏浩(宮城県対がん協会検診センター)

司会の言葉

大腸内視鏡検査(TCS)の実施目的は、大別すると有症状者を対象とした一般診療目的と無症状者を対象としたがん検診目的の2つになります。このうちがん検診目的は更に、①任意型検診における精検目的、②同スクリーニング目的、③対策型検診における精検目的、④同スクリーニング目的の4つに細分化されます。今回の附置研では、今はまだ実施されてはいませんが今後の導入が想定される④の「対策型検診におけるスクリーニング目的のTCS」を担当する「大腸内視鏡検診医に求められる資質」をテーマに議論したいと思います。

対策型検診においては、対象集団における死亡率減少効果(利益)と同時に不利益の最小化が求められています。演題応募をされる際には、これらの成果を担保すべく「大腸内視鏡検診医に求められる資質」として重要と思う項目をその理由とともに列記してください。なお、今回も昨年と同様、個々の発表はなく最初から議論をする形式をとりたいと思いますので、是非多くの演題応募を期待しています。

胃がんリスク評価に関する研究会

新時代の“胃がんリスク層別化検査(ABC分類)”の実践と課題
司会 間部 克裕(淳風会健康管理センター倉敷)
   安田 貢 (安田内科)

司会の言葉

本附置研究会が2012年に初めて開催され,以後リスク評価の実践と課題について多くの議論がされました。10年の経過と共にピロリ菌感染率は益々低下し、保険適用拡大に伴う除菌治療の普及、内視鏡検診の導入、検診対象年齢の引き上げ、検診間隔の変更、AIの開発、新たな血清抗体検査キットの登場など取り巻く環境は大きく変化しました。
今回は、「新時代の“胃がんリスク層別化検査(ABC分類)”の実践と課題」をテーマに,新しい時代において、胃がんリスク層別化検査(ABC分類)の果たす役割、適切な実施方法はどの様なものか、解決するべき課題は何かについて考え、議論したいと考えています。

胃がんリスクの極めて低いピロリ未感染者が益々増加する今後、対象集約やリスク別の検診間隔の設定、リスク者に対する確実な受診勧奨など、リスク評価の効果はより大きくなります。リスク評価の現状と将来を見据えた課題、胃X線や内視鏡など画像検査との組合せ、抗体キットの問題などはば広い演題応募を期待しています。

対策型胃がん内視鏡検診研究会

現行の対策型内視鏡検診マニュアルを見直す
司会 青木 利佳 (とくしま未来健康づくり機構 徳島県総合健診センター)
   赤羽 たけみ(奈良県立医科大学 消化器内科学講座)

司会の言葉

対策型胃がん検診に内視鏡検査が推奨され、2016年2月に当学会から「対策型内視鏡検診のためのマニュアル」が発刊された。新しく内視鏡検診を導入した市町村は、このマニュアルをもとにシステムを構築することができ、重要な役割を果たしている。一方、マニュアル発刊から約5年が経過し、基準撮影法の設定、二次読影の基準、ピロリ感染胃炎の経過観察の取り扱い、追跡調査を含む精度管理などマニュアルで明確にされていない事項が明らかにされつつある。今回、対策型内視鏡検診を担っている検査医、自治体や医師会などの立場からマニュアルの問題点、追加すべき点を挙げていただき、幅広い視点で改訂や新たに追加すべき事項について議論したい。

今回はWeb開催ならではの企画として、投票機能を利用し、視聴者の意見を反映したい。より良い内視鏡検診を目指して、数多くの施設から奮ってご応募いただき、視聴者の方にご投票いただき意見を集約したい。