第33回日本肝胆膵外科学会学術集会 The 33rd Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery

第33回学術集会PRビデオ

第33回日本肝胆膵外科学会学術集会 開催形式変更についてのご案内
(2021年5月10日更新)

 第33回日本肝胆膵外科学会学術集会は新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大の影響を考慮し、感染予防対策を徹底したうえで現地ハイブリッド開催できるよう準備を進めて参りました。
 しかしながら、政府の要請で開催会場である大阪国際会議場が“ワクチン大規模接種センター”と決定したため会場開催が不可能となりました。誠に残念ではありますが現地開催を断念し、オンラインを主とした完全WEB開催とさせていただくことを理事会で決定いたしました。
 この度の開催形式の変更につきましては関係各位のみなさま方への多大なご迷惑をおかけいたしますことを心よりお詫び申しあげます。

 つきましては、以下のとおり概要をご案内させていただきます。

 

  • 主題セッション(会長講演・特別セッション・プレナリーセッション・海外名誉会員推戴者講演・Oversea Observership Report・シンポジウム・ビデオシンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・ディベートセッション・サイエンティフィックセッション)は、Zoomウェビナーを用いたリアルタイムでのライブ配信および後日、オンデマンド配信(6月18日(金)~30日(水))といたします。
    なお、プレナリーセッションはライブ配信のみとなります。
  • 理事長講演・教育セミナー・教育ビデオ・プロジェクト研究・ビデオセッション・要望演題・一般演題(口演・ポスター)発表は、すべてオンデマンド配信によるWEB上での発表といたします。WEB上での配信は、2021年6月2日(水)~30日(水)までの期間となります。
  • 共催セミナーにつきましてはZoomウェビナーを用いたリアルタイムでのライブ配信を基本とし、オンデマンド配信につきましてはスポンサーと調整の上、決定いたします。
  • 企業展示につきましては、WEB展示会場を設置し6月18日~30日の期間開催いたします。
  • WEB参加登録は2021年5月17日(月)正午~6月30日(水)正午までの間、総会HPよりエントリーが可能となります。

 なお、詳細につきましては順次HPよりご案内させていただきます。
ひきつづき、本学術集会の成功を目指し鋭意準備を進めてまいります。みなさまのご支援・ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

第33回日本肝胆膵外科学会学術集会
 会長 久保 正二
(大阪市立大学大学院医学研究科 肝胆膵外科学 病院教授)

開催形式変更についてのご案内(2021年2月15日更新)

 第33回日本肝胆膵外科学会‣学術集会は新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大の影響を考慮し、 感染予防対策を徹底したうえで準備を進めて参りました。 しかしながら、現在の感染拡大の収束傾向がおもわしくない現状を鑑み、全面的な現地開催を断念し、会期も2日間に縮小したハイブリッド形式(現地開催+一部オンラインによるWEB開催)とさせていただくことを理事会におきまして決定いたしました。 この度の開催形式の変更につきましては関係各位のみなさま方への多大なご迷惑をおかけいたしますことを心よりお詫び申しあげます。
 つきましては、以下のとおり概要をご案内させていただきます。

会期 : 2021年6月2日(水)~3日(木)← 2021年6月2日(水)~4日(金)

  • 主題セッション(会長講演・特別セッション・プレナリーセッション・プロジェクト研究・シンポジウム・ビデオシンポジウム・パネルディスカッション・ワークショップ・ディベートセッション)は、現地開催および当日リアルタイムでのストリーミング配信および後日、オンデマンド配信(6月18日(金)~6月30日(水))といたします。 *プレナリーセッションは、当日ライブ配信のみとなります。
  • 理事長講演、海外名誉会員推戴者講演、教育セミナー、教育ビデオ、ビデオセッション、要望演題、一般演題(口演・ポスター)発表は すべてオンデマンド配信によるWEB上での発表といたします。 WEB上での配信は、2021年6月2日(水)~6月30日(水)までの期間を予定しております。
  • 共催セミナーにつきましては、現地開催および当日ライブを基本としますが、
    オンデマンド配信等は各企業と調整のうえ、決定いたします。
  • なお、WEB参加登録は2021年5月17日(月)~6月30日(水)正午までの間、総会HPよりエントリーできるよう準備いたします。

 概要は以上となります。詳細につきましては順次HPよりご案内させていただきます。 なお、今後の状況によっては開催内容を完全WEB開催に変更せざるを得ない場合もございます事を予めご了承願います。ひきつづき、本学術集会の成功を目指し鋭意準備を進めてまいります。みなさまのご支援・ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

第33回日本肝胆膵外科学会学術集会
 会長 久保 正二
(大阪市立大学大学院医学研究科 肝胆膵外科学 病院教授)